gogoru13

chapter22:

インターフォンで聖書の勧誘をされた。その女性の声がすごく可愛い声だったので「可愛い声ですねぇ・・」とか「今日も一日頑張って!って言ってください」とか言ってたら「困ります・・でも声を褒めてくれて嬉しいです・・」と言われて「ヤバイ!軽く勃起する!キリストすごい!」と朝から思いました。

Twitter / tsumekiriman

 スマートフォン・ユーザーのストレスが高じると、“ファントム振動”(着信バイブがあったという錯覚)を感じるようになることがある――最新の研究がそう示唆している。

 英国ウースター大学の心理学者リチャード・ボールディング氏は、就業者と学生のボランティア100人を対象に計量心理学テストを行い、スマートフォンを頻繁にチェックする人は心理的ストレスを感じがちであることを発見した。


 このことは、スマートフォンが仕事に使われている場合に特に当てはまった。ユーザーが、ワーフクローについていくためにメッセージをチェックしなければというプレッシャーを感じているからだ。

 ストレスが高じると、ビジネス・ユーザーはますます頻繁にスマートフォンをチェックするようになり、実際にはアラートを受信していないのに、受信したと勘違いするようになった人も数人いた。

 先週発表されたこの研究結果は、職業にかかわらず当てはまるもようだ。スマートフォンを仕事のために幅広く利用することが、こうした傾向が観察されたビジネス・ユーザーの共通要素だった。

 英国Press Association(PA)は、「スマートフォンは急速に利用が拡大しており、これに伴ってソーシャル・ネットワーキングによるストレスも増加するだろう」というボールディング氏のコメントを紹介している。

 「原因が何であれ、従業員がストレスを感じていると、企業は成功しない。このため、従業員に、スマートフォンのスイッチを切り、業務時間外に送る仕事用のメールを減らし、デバイスをチェックしたいという誘惑を抑えるよう呼びかけることが、企業の利益にかなっている」(ボールディング氏)

 スマートフォンを業務時間外も仕事に使うことは一般化しており、2009年に英国で行われたある調査では、個人のスマートフォンを業務時間外に仕事に使っていると答えた回答者が3分の1を占めた。また、43%が、スマートフォンのせいでストレスが増えたと答えている。

 1960年代に電話が家庭に普及して以来、技術を使うことに伴う煩わしさが増大している面もあり、このスマートフォンの問題はその極端なものと言える。
futureisfailed:

1310469689877.jpg
寺を出禁になってしまっては仕方ありません。ストリートライブです。日蓮はストリートでゲリラライブ(辻説法)を行い、相変わらず禅や念仏をディスり続けます。激怒した通行人に殴りかかられたりもしますが、次第にファン(弟子)も増えてきます。他の宗派の人にMCバトル(問答)を挑まれることもありましたが、これも撃退し、MC日蓮は着々とファンを増やしていきました。
uinyan:

ちょw カルトすぎんぞw
zoker:

マルシン出前機 部品
uinyan:

via feb.2chan.net
catasters:

Jabba The Cat

catasters:

Jabba The Cat

13py2:

on 2chan.net [ExRare]

13py2:

on 2chan.net [ExRare]

catasters:

Coming Soon a Catasters… 
By biscuittin on Flickr

catasters:

Coming Soon a Catasters…

By biscuittin on Flickr